精密機器輸送業者を選ぶためのポイント:輸送だけでなく輸送後の設置も行ってくれる|精密機器輸送ならエーシートランスポート

精密機器輸送やオフィス移転ならエアサス車、梱包作業、保険完備のエーシートランスポートまで。

精密機器輸送とオフィス移転のいろは
Column

※当コラムは個人的な見解に基づくものです。内容はお客様自身の責任においてご判断くださいますようお願いします。

精密機器輸送業者を選ぶためのポイント:輸送だけでなく輸送後の設置も行ってくれる

精密機器輸送業者を選ぶためのポイントはいくつかあります。
価格が安い、実績がある、保険完備の有無、即日対応できるか、使用してるトラックの種類、など人により気にする点は様々でしょう。しかし、忘れてはいけない選定ポイントの一つが、輸送だけでなく輸送後の設置も行ってくれるのか、という点です。なぜかというと、精密機器は非常に重い物もあり設置に労力がかかるだけではなく、慣れていない個人で動かすには危険だからです。
精密機器は振動や衝撃に弱いので、知識も技術もない人が行えば壊してしまう可能性が高いのが実情です。しかも、この場合、業者のミスではないので保険は効きません。精密機器の中には医療機器や福祉機器など非常に高価な物がありますので、保険が効かなければ非常に大きな損害になってしまいます。

一方、精密機器輸送業者に任せればこれらの心配がなくなります。
過去に実績のある精密機器輸送業者なら、様々な現場や状況になれています。
例えば、サーバーの移転の際は、ただ物を運ぶだけでなく内部データにも配慮して移転してくれます。
その他、医療現場への輸送の際もフットワークが良いです。繊細かつ重量がありますから、搬入経路の確保から設置までも重要になります。現場に慣れてる輸送業者は作業計画書から車両配置図まで、事前の問題点把握はぬかりないのです。

以上のようなことから精密機器輸送は搬入から設置まで行ってもらえる業者に依頼するとよいでしょう。
精密機器は少しの振動や衝撃が機器の不具合に繋がります。できるだけ自分で触らずに設置完了できることが望ましいです。