精密機器輸送する事をお勧めする品目!大型家電編|精密機器輸送ならエーシートランスポート

精密機器輸送やオフィス移転ならエアサス車、梱包作業、保険完備のエーシートランスポートまで。

精密機器輸送とオフィス移転のいろは
Column

※当コラムは個人的な見解に基づくものです。内容はお客様自身の責任においてご判断くださいますようお願いします。

精密機器輸送する事をお勧めする品目!大型家電編

精密機器輸送では医療機器、半導体などの部品、サーバー、など、それ単体では一般の方が手にしない物を運ぶイメージもあるでしょう。ですが、大型家電製品の輸送もしています。
例えば、現在の薄型テレビの多くにはハードディスクが内臓されています。当然その他精密機器も使われていて精密機器の塊なのです。昔に比べ大型化しながらも、精密機器化していると言えるでしょう。
現在は100インチのテレビもあり、一般家庭でも40インチ以上の物を置くことが増えています。精密機器化したこのサイズの物を運ぶとなると、搬出・搬入にも気を使わなければなりません。ですから、搬出・輸送・搬入と全て安全に行える精密機器輸送業者への依頼となるのです。

では次に、テレビを例にして輸送業者が行う対策を挙げます。

・振動と衝撃対策
・湿気と結露対策
・静電気対策 ・搬出と搬入時に養生(商品にも建物にも傷がつかないようなカバー)

梱包時にこれらの対策はしますが、搬送時にもこれらの対策ができるエアサス車という特殊なトラックを使用します。
搬出と搬入時の養生も大切な点です。大型で重量物なので、ぶつかった時の衝撃は大きくなり、製品と建物共に傷みも出やすくなります。振動と衝撃は外部の破損だけでなく、実は中の部品同士の接触に繋がり不具合に繋がるのです。

また、精密機器が湿気に弱いのはご存知の方も多くいらっしゃいますが、静電気については気をつけていない場合があるので注意が必要です。例えば、ICチップなどは非常に静電気に弱いものになります。わずかな静電気でノイズが進入し、誤作動が起きてチップが破損してしまうからです。

精密機器輸送業者が運ぶのは、精密機器を搭載してる製品でもあり、大型家電もその1つです。大型家電の輸送には、専門技術を持つ精密機器輸送業者が適任なのです。