2012.12.07 新着情報

精密機器輸送の保険料相場とは?

精密機器輸送の保険料相場とは一体どのくらいなのでしょうか。

実は、精密機器輸送業者では保険料が掛からないことが多いのです。というのも、すでに輸送料金の中に入っていることが多いからです。それでは精密機器輸送業者はどれだけの保険料を保険会社に支払っているのでしょうか。通常この場合の相場は、精密機器価格の0.2パーセント程度と言われています。ということは1000万円の機器の場合、2万円の保険料ということになります。精密機器輸送の間であれば、どのような場合でも保険が適応されますので、一見高いような相場に思えても、実際にはそうでもありません。精密機器の梱包をする時点から運び出し、搬入、そして設置するまでの間での損傷は全て保険料だけで賄ってもらえるのです。

また、精密機器を運ぶ際、第三者に怪我をさせてしまった場合も、治療費や慰謝料の支払いを負担してもらえます。このようなことから考えても、相場平均程度でもかなり手厚い補償が付いているのです。基本的に、保険料はサービス利用者が支払う必要はありませんので、あまり気にすることではありませんが、精密機器の輸送にある程度のお金がかかるのは、保険料も入っているからだと覚えておいてください。またこの0.2パーセントという相場はあくまでも平均であり、どの場合でも例外なく適応されるものではありません。機器によって比率の違いはあります。相場を知ることにより、よりコストの低い精密機器輸送サービスを見つけることができるのではないでしょうか。

CATEGORY

ARCHIVE